昔、英語で・・・

今回も自分のことを書いた日記になるので、
興味がある方はお読みいただけたら
ありがたく思います。
m(__)m

自分でも気がつけば英語の学校「インターナショナルスクール」に
幼稚園から入り、自分としては楽しくもありましたが、
色々なことがあった、、という印象の方が多くあります。

親がこれからはグローバルの時代だという理由から突然思い立った
かのように自分をインターに入れました。

幼稚園に行った初日のことを今でも忘れはしません。

初日を迎える何日か前に母親はこう自分にこう伝えました。
向こうで誰かに会ったら必ずこういうのよ!
I`m fine thank you and you !(元気ですよ、あなたもね!)

というような挨拶の言葉です。

幼稚園生の自分にはかなり難しいフレーズで覚えられるはずもなく、
なぜそんなことを覚えるのか、疑問にすら思わず初日を迎えました。

車で母親と父親に連れられ、辿りついた先はもちろん幼稚園ですが、
何か直感的な不安を感じていました。

幼稚園のドアの前に立つ3人、なんでここにいるか自分には分かりません
でした。

そして、いきなり、扉が開くと
なんとそこにはチョコレートのおばけが出てきたのです!

そして、自分の頬にいきなりキスをするのです!

親は黒人の先生が出てきたとすぐに分かるのですが、
自分にはチョコレートのおばけが出たとしか思えませんでした。

おそらくHello!と言っていたその言葉も自分には呪文のようにしか聞こえず、
親に教わったI`m fine・・・を言おうとするが、この難しすぎりフレーズを
覚えているはずもなく、こちらも呪文のように言葉を発して、泣きながら抵抗して
いたのを覚えています。

そして、親は手を振って行ってしまい、私はチョコレートのおばけに
捕まってしまったのでした。

そんな印象の記憶です。

ただ、その後は友達もでき、無事幼稚園を終えることができました。

小学校1年生の頃は泣き虫でした。
当時のファジオ先生をいつも泣くことでこまらせ、
親に向かえに来てもらっていました。

勉強に集中ができず1年生を2年間、2回やることになりましたが、
あとから入って来た生徒よりも1年先輩であることにいつしか気が付き、
遊び時間の時に友達に鉄棒の乗り方を教えてから、先輩意識に目覚め、
それからぴたっと泣くことを止めてしまいました。

高校に入ってからは色々な国の生徒達と勉学で競争させられました。
成績は廊下に張り出され、難しいテストが多くありました。

学校では勉強のために日本語をしゃべり、見つかると罰金になり、
めぐまれない子供達への寄付金となりますが、当然日本語も
しゃべってしまい、そういう時に限り、2メートルあるフリーダム
校長先生が背後に迫っていて、見つかった時には上から首根っこを
捕まれて、まるで猫のように校長室に連れていかれました。

そんなこんなで卒業式を迎えた時には親も喜んでくれて、74人の卒業生で
その後食事、軽く飲み?(これは内緒)をした時にはやはり感動しました。

今となってはほんとうに色々なことがあった学校生活で、辛いこともあり、
楽しいこともありましたが、ああ自分が選んで来たんだなぁと思うのです。

前置きが長くなりましたが、こんな経歴を持つ自分ですが、世界平和関連の
活動で英語の先生を務めることになりました。

そんな難しい英語ではないのですが、簡単な英会話をゲームをしながら、
楽しくみんなで覚えていきます。

興味がある方はメールくださいね!
読んでくださった方ありがとうございます。
m(__)m

————————————————————

英語教室

日時:月2回 第2・第4 月曜日
19時半~21時

場所:麻布区民センター 会議室

費用:1回1000円

その他、詳細はお問い合わせください!

————————————————————

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

Translator

 

2018年1月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近のコメント

    カテゴリー

    世界人類が平和でありますように!

    世界平和の祈りをはじめて9年目になります。
    祈りを通して本来の自分自身に出会えているように思います。

    昔は自分が何をしていいのか分からず、何かを試してみては、
    また違うことをして、自分に何ができるのかを探していました。

    しかし、世界平和の祈りをはじめてからは、自然とその迷いは
    消えて行きました。いつの日か世界平和の祈りの響きに身を任せ、
    よき仲間とともに、自分のお役目を果たしています。