世界人類が平和でありますように
日本が平和でありますように
私達の天命が完うされますように
守護霊様ありがとうございます 守護神様ありがとうございます


不都合な真実  (身辺雑記 No.10)

2007.02.14

先日、「不都合な真実」という映画を見ました。

地球温暖化が年々加速しているという衝撃の事実をアメリカの元副大統領、アル・ゴア氏が私達にうったえます。

科学的な難しいこと抜きにして、この映画を見て本当に地球のことを考えていかなくてはいけない時に来ていると強く感じました。

短く説明すると、キリマンジャロの雪は溶けてしまい、北極の熊は捕まる為の氷が溶けてなくなってしまっているため、溺れ死んでしまい、気温が上昇することにより生じるハリケーンや台風などの災害が拡大している。こうしたことはすべて地球の温暖化が原因なのです。さらに、温暖化は加速していて、この先どうなっていくのか、、このままの状態で進んでいったとき、科学的なデーターがその地球の危機を証明しています。

地球の温暖化がなぜ進んでいるのかというと、それは私達が吐き出している、有害なスモッグなどによるものです。簡単に言うと地球の周りに溜まったこうしたスモッグは地球の熱を閉じ込めてしまい、各地の温度を上げてしまっているのです。

お祈りの観点から見てみると、これはまさにカルマであり、人間が作り出してしまった業だと思うのです。自然の流れ、神様から離れてしまった想いが地球の周りに溜まってしまっているのです。

温暖化を防いで行く方法はたくさんあります。映画でも伝えてるように、まずはこの映画を観ることを人に進める。地球温暖化防止の集まりに参加する。自分で研究する。などなど色々とやれることがあります。

ただ、私達は祈りによって温暖化の加速を防ぐべきなのです。
祈ることにより、ほんとうに温暖化を防止することの出来る人を目覚めさせる、有害なスモッグ等発している人の意識を変える、、それだけではなく、他の問題はたくさんあり、それが重なっていると思うのです。森林伐採、有害廃棄物、海を汚すなどなど。これらを全て変えるにはやはり人間業では難しく、神様のみ心とつながっていることが重要だと思うのです。

そうしてお祈りをしていけば、本物に目覚めていく人がどんどん増え、こうした環境問題を起こそうという意識がまずはなくなり、意識が変われば、カルマは消えてしまうと思うのです。

やってやろうとも思わず、自分が何か動き回るのでもなく、叫び続けるのでもなく。日常の生活の中でもくもくと祈ることが重要なのではと思います。

まずはぜひぜひ、映画を観てみてください。

ほんとうに地球の平和を想ってこれからも日々祈り続けて行こうと思います。
そうすれば、ぜったいに良くなる!
ぜったいに大丈夫!です。

http://www.futsugou.jp/main.html

世界人類が平和でありますように
人類即神也  成就

<<戻る

このページのトップへ